トップ  商品カタログ@ 商品カタログA 専用包丁 包丁のお話 ご注文方法 即納商品 リンク 質問Q&A
オリジナル商品 オーダーページ 包丁工房 白二鋼カタログ セット商品 ステン両刃各種

 
                        

鋼について
 鋼の種類              主な用途
 SK−5 いろんな刃物によく使われ、価格の安い包丁は主にSK−5がよく使われている。包丁・鎌・鉈・など
 安来白二鋼 高級な刃物にはこの鋼をよく使われる。包丁・のみ・鎌・たがね・斧など
 安来青二鋼 刃物鋼では、最高級の鋼で最高級刃物にはこの種の鋼を用いている。包丁・鎌・その他刃付け物など
 銀三 焼き入れの入る特殊ステンレス鋼で、従来の鋼に比べより硬く錆びにくい材料。主に包丁に使用される。
その他にも鋼の種類は、SK−7、SK−3、白一鋼、青一鋼、安来黄鋼、など種類も多い。
使用鋼         当製作所使用鋼は、SK−5・安来白二鋼・安来青二鋼・銀紙三号使用
 

             当製作所の包丁は、純国産の和包丁です。安心してご使用できます。

最近の包丁は、海外などから輸入品が多くなりました。和包丁も例外ではなく出刃・刺身包丁なども輸入されています。見た目には全く変わらなく、使ってみて初めてわかるようなものが多く、安く大量に売られています。当製作所は、日立金属の安来鋼を主に使用、純国産の 和包丁です。

       包丁の価格について

        包丁は、鋼の種類や研ぎ方また使用する柄の種類によって価格も大きく左右される。もちろん包丁の
        種類や大きさによっても値段が違います。当製作所は、卸価格にて一般の方から職人さんに販売しています。
    

       使用の柄について 

        当製作所では、柄までこだわりを持っています。一般に市販されている水牛の柄は、主に丸型の柄が多く丸柄は、
        水に濡れるとよく滑るので料理しづらい事が多い。そこで当製作所は、柄もこだわりを持ち使う人の事を考え、握りやすい
        八角の柄を使用しています。黒檀の柄も八角です。
         


◎銀三は、日立高級ステンレス鋼 錆びにくい刃物として注目されています。
 最近、鍛造していない格安の銀三の包丁があちこちで出回っています。鍛造して仕上げた銀三の包丁は全国でも
製造している所は数が少なく当製作所はその一件にあたります。

     《 当製作所は火造りから鍛造し鍛えて仕上げた銀三和包丁 あまり手にする事ができない高級刃物です。》
      [材質]・ ステンレス鋼では、焼き入れの入る硬度の高い高品質材料。〈焼き入れはサブゼロ処理〉
     銀三和包丁は、錆びにくいのでお手入れも簡単 普通の包丁のように研ぐことにより、末永くご愛用出来ます。    
   
鋼は、鍛えれば鍛えるほど組織が凝縮され刃物としての本来の味を出すことができるのです。
     当製作所では、鋼と鉄を合わす作業から火造り、焼き入れ、など一連の作業を一丁、一丁、
     丹精込めて仕上げています。 

刃物の選び方・・・刃物といっても、包丁をはじめ 鎌、鉈、など種類も豊富です。刃物製造も近代化が進み、短時間に数多く製造している
                メーカーも沢山あります。簡単に製造された物か、ハンマーで叩いて手作りで作った物か、それはシノギの部分の鋼と鉄の
                堺を見ればハッキリ分かります。
不規則に刃の乱れている物は、時間をかけ鍛造製造した物です。
                                  
刃物購入の際の参考にして下さい。

簡単に製造された物 手作りで鍛造製造の物

                     鍛造刃物は、同じ鋼でも切れ味が違います


          製造元のメリット
 
  • 直接販売による価格の安さ。
  • 造り立てだから汚れや、サビ、がなく造り立ての切れ味が実感できます。
  • 製造元だから好みの大きさ、厚み、形、にできます。
  • 名前を入れる事もできます。「名切り」。
  • 予算に合わせた包丁も可能。(メールにて問い合わせ下さい)
          包丁の贈り物
包丁やハサミなど刃物は「切れる」という言葉を、変なゴロ合わせして、贈り物に向かないと考えるタイプの人もいましたが、近年にはそんな迷信が消えてしまって大切な毎日使う用具として贈答品として活用される用になりました。近年は、将来を切り開く、又人生を切り開くというゴロ合わせで以下の贈り物などに使われています。
新築祝い
結婚祝い
就職祝い
お誕生日のプレゼント
母の日や父の日のプレゼントなど
                  

 やっぱり打ち刃物

刃物と一口に言っても たくさんの種類があります。その中でも 最も身近な刃物として、
包丁があります。毎日、生活していく上で欠かせない刃物の一つです。
また、いくら良い食材があっても
使う道具が悪ければ 食材が死んでしまいます。
『食材を生かすも殺すもまず道具から』
美味しい料理は、良い食材と良い道具で…
市販では、いろんな包丁が出回っています。洋包丁や和包丁など包丁の種類も多いですが
包丁を作る素材もたくさんの材料があります。また、包丁が出来上がるまでの工程も包丁によって
それぞれ異なりますが当製作所では、打ち刃物にこだわっています。
一丁、一丁たたいて鍛えて造り上げた打ち刃物。ユーザーの方からやっぱり打ち刃物やねー
とよく言われます。また、このような言葉をよく聞きます「新しい包丁を買ってきたのにすぐに切れなくなった」
「研いでもあまり切れない」このような方は決して少なくないと思います。
そこで、打ち刃物 どんな刃物でも使っていると切れ味はだんだん落ちます。切れが悪くなったとき
砥石一つあれば、切れ味がよみがえる 従って末永くご使用できるから打ち刃物にこだわっています。

毎日使う道具だからこそ良い品を

              
包丁のお手入れ一言アドバイス
  1. 使った後は、水かお湯で良く洗いましょう。
  2. 水分は乾いた布で良くふきましょう。
  3. 包丁差しなどで、逆さにして保管しましょう。
  4. 長期間使用しないときは、サラダ油などでふいてしまうようにしましょう。
  5. サビが出た場合は、クレンザーでこするとかなりサビが取れます。
  6. 食器乾燥機や洗い機使用は、包丁の柄が壊れやすくなるので好ましくありません。
  7. 包丁を火であぶるのはやめましょう。
  8. 刃物は研ぐことにより切れ味を保てます。
  9. 10日間に1回位は研ぐようにしましょう。
 あなたも、良い食材・良い包丁で美味しい料理を

 お問い合わせによるご質問にお応えいたします。            

                       
           質問                 お応えいたします
贈り物にしたいのですが、ラッピングはしてくれますか? ご注文時にプレゼント用とお知らせ下さればラッピングとリボンをお付けいたします。料金サービス
包丁に名前を入れて欲しいのですが漢字以外もできますか? 銘切りは、漢字はもちろん ひらがな・カタカナもお入れすることができます。
青二鋼の鏡面仕上げもできますか? 青二鋼の鏡面は、別途料金にて仕上げることができます。
高級な包丁ではなく安物でかまわないのですができますか? 使用する鋼によって価格が変わります。SK鋼などを使うことによりかなり安くできます。ご予算に合わせた包丁もできますのでメールにてお問い合わせ下さい。
研ぎ直しをして欲しいのですが? 和包丁なら研ぎ直しを致します。当製作所で購入された商品なら研ぎ直しは無料でします。送料は、お客様ご負担になります。
他店で買った和包丁で長年使っているうちに柄が壊れてしまったのですが? 包丁本体が錆びて壊れていなければ柄を付け替えることができます。送料、柄代はお客様負担となります。
体格に合った包丁を選びたいのですが とりあえずご相談下さい。職人が丁寧にお答えいたします。メールにてお願いします。
他店の青鋼包丁は非常に高いのに比べ価格が安いのですが品質が悪いのでは? 当製作所は製造元です。最高の包丁をできるだけ安く全国のみなさんにお届けする為価格をできるだけ抑えています。全商品手造りでどこにも負けない最高の品をお届けいたします。(はっきり言って中間マージンが無いから安いのです)
料理用のハサミを欲しいのですが? 大変申し訳ありません。包丁専門ですので包丁以外の物は製造しておりません。
一般家庭で使うのに最も使い勝手の良い物を探しているのですが? 一般家庭用では、舟行包丁が最適だと思います。この包丁は、万能で魚や野菜など幅広く愛用されています。大きさは、6寸位が良いと思います。
魚を解体するとき今の文化包丁では刃が折れます アドバイス下さい。 魚を捌くには、文化包丁では少し無理かもわかりませんね。解体用に出刃包丁か
身オロシ包丁を使ってみてはいかがでしょうか。
新築祝いにプレゼントしたいのですが、のしを付けてもらえますか。 御祝い用ののしをお付けすることができます。ご利用下さい。
墨流しの包丁を欲しいのですが? 青二鋼の墨流しの包丁も製造しています。墨流しは、別途料金が必要です。
価格等メールにてご連絡ください。

    ★問屋さんとの取引大歓迎。地のみの製造販売も致しております。お気軽にお問い合わせください。

    その他、ご質問等あればお気軽にご相談下さい。  

                                         問い合わせ